読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保育士ママのなるほど!育児-Kumama-

保育士経験のある一児のママのブログです。こどもの発達の過程にもとづいて、月齢・年齢に合わせた遊びや、発達を促すおもちゃを紹介します。★全国保育士養成協議会の会長表彰を受賞★

絵本・雑誌・DVD-絵本

はじめての絵本たいむ-ひよこ-

絵本[ひよこ]は、"知りたい"気持ちが芽生える1歳~2歳頃のおこさまにおすすめの絵本です。たまごからひよこが生まれる様子をじっくり描いているのが特徴です。

はじめての絵本たいむ-あっ!-

絵本[あっ!」は、"発見する喜び"を味わえるようになる1歳~2歳頃のおこさまにオススメの絵本です。はじめての乗り物の絵本にもぴったりです。

はじめての絵本たいむ-いろ-

絵本[いろ]についてのご紹介です。1歳6カ月~3歳頃までのおこさまにオススメの一冊です。

はじめての絵本たいむ-たまご-

3ヶ月~1歳6カ月のおこさまにオススメの絵本は[たまご]です。配色に特徴のある絵本です。

はじめての絵本たいむ-おふろ-

初めてのおふろに関する絵本なら、いもとようこさんの絵本[おふろ]がオススメです。こちらの絵本は、いないいないばぁ遊びが好きなおこさまには特にぴったりの絵本です。

色を学べる絵本-2・3歳児-

2・3歳児にオススメの色を学べる絵本についてのご紹介です。

オススメの音のでる絵本

0歳児から2歳児にオススメの音の出る絵本のご紹介です☆特にオススメなものは[光る★音でる♪知育絵本 リズムにのってぽんぽんたいこ]です。月齢別の発達に合わせて使えることが最大の魅力です。

絵本[ポケット]

絵本[ポケット]は1・2歳にオススメの絵本です。馴染みやすい動物が登場がかわいく登場し、ページをめくる楽しさや、挨拶について学ぶことができます。

低年齢児から色を学べる絵本

低年齢児から色に着目することで、脳の発達をさらに促しましょう。1歳から色を理解するのにはどうしたらよいのか?オススメの絵本とともにご紹介致します。

セカンドブックにオススメの絵本

0歳児は視覚の感受性期に該等します。おこさまの発達に合った絵本を読むことで効率よく視覚を刺激することができます。セカンドブックにオススメの絵本は、[しましまぐるぐる]と[あかあかくろくろ]です。

パパ大豆の白黒赤絵本セット-ファーストブックにオススメです!!-

ファーストブックには、新生児の視覚を刺激する[パパ大豆の白黒赤絵本セット]がオススメです。白黒赤理論を取り入れた商品です。